インフォメーション

2023-01-29 09:44:00

腱鞘炎について!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

以前にも少し触れたことがあったかもしれないのですが、最近腱鞘炎の症状で来院される患者さんが多いので今回も腱鞘炎について簡単な生活上の注意や主だった原因、治療法などをお伝えしていきたいと思います♪

 

【腱鞘炎について】

・腱鞘炎は手の指にある「腱」とその鞘の「腱鞘」の擦れによって内部で炎症が起きたものです。炎症なので痛みやうごかしにくさ、ひどくなってくると腫れや赤みを伴います。

 

【腱鞘炎の原因】

・主な原因は患部の使い過ぎです。繰り返し偏った動きを行う中で内部で起きる擦れの回数が多くなり、じわじわとストレスになっていき発症していきます。(一部例外あり)

 

【腱鞘炎の治療法】

・一番の治療法は「安静」です。しかし、仕事柄どうしても使う。習い事でどうしても使う。そうじゃなくても日常生活でどうしても使う。そういったケースも多いので安静だけでは回復が追い付かないケースも少なくありません。なので、我々は日中のどうしても使わざるを得ない時にはサポーターの使用やテーピング処置を推奨しています。例えば普通にしていたら100加わる負担をサポーターにより60まで抑えることが出来れば、単純に差分の40は回復に回すことが出来ますよね♪そういった考え方です。

また、腱鞘炎の不調の正体が「炎症」なので当院ではハイボルト電気で痛みに対処したり、鍼灸施術(軸索反射や血行改善)で強い腱鞘炎に対応する事が多いです。腱鞘の筋緊張が強くなっても腱の擦れがより強く発生するので原因筋のマッサージや温熱も効果的です♪

 

【生活上の注意】

・これはシンプルです。安静を保つことと患部を触らないことです。

腱鞘炎がもう二か月も続いている。なるべく安静にしていた。なぜか治らない!しかし、話を良く聞いてみると、良かれと思ってずっと触っていた。自分でマッサージしていたという患者さんがけっこう多いです。

また、糖尿病などの代謝疾患があったり、元から腱鞘が狭い作りの方、ステロイドの常用などで生体反応の働きが通常でない場合は炎症が引きにくく、長期化するケースもありますで4日以上経っても腱鞘炎の不調が改善しない場合は早めに医療機関にかかることをお勧めします。

 

 

腱鞘炎について!

2023-01-26 17:59:00

今日は風呂に日!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

私も最近知ったのですが、どうやら毎月26日は語呂合わせで「風(2)呂(6)の日」らしいです♪

最近では寒さも厳しいし、サウナも流行っている中なのでちょうどよいかと思いまして、今日はお風呂についてのお話をしていきたいと思います♪

 

浴槽にたっぷりのお湯を張って入浴する事がリラックス効果やデトックス効果が得られることは皆様よくご存じだと思いますが。その効果を半減させてしまうような【やってはいけない事】があるらしいので、それを紹介していきます!

 

 

①硬めのタオルでごしごし体を洗ってはいけない。

・身体の皮膚には善玉菌がたくさんあり、皮膚には水分の蒸発を防ぐ皮脂もあります。身体を強く洗いすぎると皮膚の善玉菌や皮脂が失われ乾燥肌になってしまったり、体臭がきつくなってしまう事もあるそうです。

 

②湯船に長く浸かりすぎる事。

・長く湯船に浸かってリラックスできることは本当に素晴らしい効果なのですが、逆に長すぎるのも良くないそうです。上記の①同様、皮膚から皮脂が失われて乾燥肌になるだけではなく、頭がぼーっとして転倒の危険や脱衣所との寒暖差から血管にストレスを与えてしまう場合があるそうです。何事も程々に。顔が汗ばんできたら浴槽をでるくらいを目安にすると良いらしいです♪

 

③入浴中にスマートフォンを見る事。

・防水ケースに入れて入浴中にyou tubeを見る!時間もアッという間ですよね♪ですが、実はそれは入浴の効果を半減させてしまうもったいない行動だったりします。理由は視覚刺激により自律神経の興奮が起きてしまいリラックス効果が減少してしまうから。楽しい事、興味のある事、ノリノリの音楽なども同様です。落ち着いて温まることが入浴の効果を引き出すものだからです♪

 

何気なくやってしまう事もおおいと思いますが、せっかくのリラックス時間を最高の状態で受け取る為にも意識してみてはいかがでしょうか?是非やってみてください(^_-)-☆

今日は風呂に日!

2023-01-22 17:58:00

火の用心!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

今日も寒いですね!空気もかなり乾燥していますね!

当然自宅で過ごす時間でもストーブを使ったり、夕食のお鍋にガスコンロを使ったりと火を使う機会が多くなる時期でもあります。

火災の件数も多くなり、空気の乾燥も相まって火の回りが早くなるらしく、大きな火災につながりやすいそうです。

今日は「火の用心」をテーマにして、日頃から家庭で注意しておきたい点をご紹介したいと思います(^^)/

 

①外出時や就寝前には必ず火の元を確認する!

②暖房器具は定期的に点検を行い、調子の悪い器具は専門の業者に見てもらいましょう!

③子供の火遊びに注意しましょう!

④コンセントのタコ足配線とコンセントの差込口に埃をため込まないで綺麗にしましょう!

 

冬は火災に注意して暖かく過ごしてください(^_-)-☆

火の用心!

2023-01-19 19:39:00

自宅で出来る冬の乾燥対策。その②

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

今回は前回からの続きもの、自宅で出来る冬の乾燥対策その②をお伝えしていきたいと思います!

冬の季節を健やかに乗り切るために有用な情報だと思いますので出来るところからでも是非生活に取り入れて頂きたいと思っております♪

みんなで上手に乗り切っていきましょう~(^^)/

 

 

【対策② こまめな水分補給】

・空気中のウイルスなどは呼吸のたびに身体の中に入ってきてしまいます。そして、そのウイルスは20分という時間をかけて粘膜から体内に侵入してくるそうです。

その予防には侵入されるまでの時間内に鼻や喉を洗うこと!うがい何かを飲むことで粘膜の洗浄代わりになりウイルスを洗い流すことができます♪(ウイルスは胃酸に触れると活動を止めるのでそのまま飲み込んでもOK)

今回は粘膜を洗い流すのが目的のため、飲む水分量はわずかで大丈夫です。可能ならば常温の水をコップの1/4くらい飲めれば大丈夫!水はちょっとという方はお茶や珈琲などでもOKです。ウイルスに侵入される前にこまめな水分補給で洗い流してしまいましょう♪

自宅で出来る冬の乾燥対策。その②

2023-01-16 19:39:00

自宅で出来る冬の乾燥対策。その①!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

冬もど真ん中で空気の乾燥もきつくなってきましたね!

こういう時期はお肌のトラブルだけではなく、身体の呼吸器を通してウイルスなどの感染症も発生しやすくなります。

日々を健康的に過ごすためにも日頃からのケアをしっかり行って対策をおこなっていきたいですよね。

今日はそんな自宅で出来るちょっとした乾燥対策をご紹介したいと思っております(^^)/

 

 

【対策① お部屋の加湿】

・部屋の中で過ごす時間が自然と多くなりがちなこの時期は室内の乾燥対策を行っていくのが効果的です!ウイルスは空気中の水分をまとうと動きが鈍くなり、特にインフルエンザウイルスは高温多湿に弱いことが知られています。

また、湿って重たくなったウイルスは埃にまじって床や陰に留まり易いため、拭き掃除をこまめに行う事も有効です。

ただし、部屋の湿度が70%を超えるとカビが発生しやすくなるなどの弊害が発生するため注意が必要です。

 

自宅で出来る冬の乾燥対策。その①!

1 2 3