インフォメーション

2023-02-28 14:56:00

来年は閏年!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

今日は2/28です。2月の最終日となりました。明日からはもう3月です。

お正月から始まって1年の6分の1が終わってしまいました。

毎日本当に早いですね。

ちなみに来年の2024年は4年に一回の閏年ですので2月は29日までです♪

 

ではこの少し不思議な閏年、ちょっと気になったので調べてみました!

 

【閏年の起源】

・この閏年というもの、その起源はなんと古代エジプトにあるそうです。

実は1年の周期は365.25日。一年365日で設定してしまうと4年に1日だけズレが生じてしまうことが古代エジプトの人々は天体の動きから季節を読み解いていたそうです。

これって本当に凄いことだと思います((+_+))!!凄すぎる!!

 

【日本での閏年】

日本では明治6年、1873年に明治政府によって強引に導入されたそうです。明治初期という大きく時代が動いていた大変な時期に、急遽導入されたという背景もあり当時の国民はずいぶんと混乱したそうです。

ちなみに、この閏年である2/29に生まれた子供は戸籍上では2/29生まれとして記載されるものの、実際には3/1生まれという扱いになるそうです。

 

こうして調べてみると、閏年にもさまざまな歴史があり、壮大な人類の智恵が詰まっていることが分かりました。只者ではないと思っていた4年に1度の閏年!やはり只者ではなかったですね!

閏年について。

2023-02-24 09:16:00

花粉症について。

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

また鬱陶しい季節がやってまいりましたね。

ただでさえ、コロナやインフルエンザで大変なのにそれに覆いかぶさるように花粉症シーズンの到来です。花粉が飛散する時期に始まるくしゃみ、咳、鼻水、鼻づまり、肌荒れ。植物の花粉が原因で生じるアレルギー症状を花粉症と呼びます。

現在、日本人の4人に1人が花粉症だといわれています。

 

花粉症の症状で現れやすいのが鼻と目だそうです。鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどは風邪の初期症状とも類似が多く、間違われやすい側面もあります。ご自身で花粉症だと思い込んで放置した結果、風邪の症状をこじらせてしまったり、知らず知らずに周りの方に移してしまうこともあり得ますよね。

 

こういった理由からも。花粉症の時期はなにか症状がでたら早めに病院にいき、診察や治療を受ける事をお勧めしていますm(__)m

花粉症の場合も、抗原抗体反応が強く出てしまってからでは、なかなか抑え込むのも大変です。早めに薬を入れて早期に予防するのが効果的です♪

 

この時期は大変な時期ですが、皆で上手に乗り越えていきましょうm(__)m

 

花粉症について。

2023-02-21 09:16:00

受験シーズン!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

受験シーズンですね!もう数日後に本番を控えて、いよいよ最後の追い込みをかけている受験生の方々も多いのではないでしょうか??

いままで積み重ねてきたものをしっかり出し切って頂くことを願うばかりですm(__)m

さて、受験シーズンにつきものの合格祈願、縁起担ぎでも身近なものといえば今も昔もお菓子が一つ挙げられるのではないか?と思いますが、有名どころでいえば「キットカット」でしょうかね?「きっと勝つ!」になぞらえていてCMにもなっていましたね♪

 

今からもう何年も前の事ですが、受験にむけての最後の追い込み、私はいまでも良く覚えています。朝起きて問題集を解いて少しでも理解が及んでいないところを深掘り勉強して、たくさんある語呂合わせを全て見直して、学校の先生に「ここはしっかりやっておけ!」というところを集中的に復習しました。

 

本当に大変でしたm(__)m今この瞬間、受験生の方々が同じように頑張っていること、心の底から敬服致します。

 

どうかお身体に気を付けて、体調管理や睡眠時間も意識してあげてくださいm(__)m

この時期は人混みをさけて部屋を暖めて、加湿器をまわし、合間に休憩と甘いものを食べて受験をやり抜いてくださいm(__)mそして、長時間の勉強で首肩腰が痛いなどの場合は早めのケアを

東洋鍼灸整骨院は受験生の皆さんを応援しております。

受験シーズン!

2023-02-17 09:47:00

インフルエンザについて。

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

毎日寒いですね!通勤時のマフラー・手袋が手放せないです!

今日はこの時期に猛威を振るうインフルエンザについてお話したいと思います!

 

 

【インフルエンザについて】

日本で流行するインフルエンザは例年11月下旬~12月上旬に始まり、翌年の1月~3月に増加しています。感染してしまったことがある方はよくご存じかと思いますが、38℃以上の高熱・頭痛・倦怠感・関節痛・筋肉痛などの症状が急速に表れるのが特徴です。

更にそこから重症化が進んでしまうと急性脳炎や肺炎を伴う事があります。

人から人に感染するという特性や、強い症状が出ることからも一人一人の対策・予防の重要性がとても高い疾患だといえます。

 

【対策・予防】

・くしゃみ、咳、などのしぶきとともに放出されたウイルスを鼻から吸入することで感染を引き起こすので人混みを避ける事やマスクの使用が予防になります。

 

・飛散したウイルスが付着した手で触ってしまうと鼻・口・目・肌を介して感染を引き起こすことがありますので外から室内に入った時の手洗いが予防になります。

 

・空気が乾燥すると喉の粘膜の防御機能が低下するためウイルスの侵入を許してしまいます。室内の加湿を行い湿度50~60%に保つことも予防になります。

 

コロナウイルスと一緒に予防・対策をして元気に冬を乗り越えましょう♪

インフルエンザいついて。

2023-02-13 08:52:00

バレンタインデーについて!

みなさんこんにちは(^_-)-☆

東洋鍼灸整骨院のスタッフ鈴木です♪

 

去年もこの時期にバレンタインデーのことを書いたような気がしなくもないのですが、一年は本当に早いもので今年もバレンタインシーズンが到来してしまいましたね♪

 

もともとは「女性から男性にチョコレートを贈る日」という意味から始まった日本のバレンタインデーですが、愛する人へ気持ちを伝えるという本来の趣旨から、最近では少しづつ意味合いが変わってきているそうです。

 

恋愛感情を伴わない職場の上司や同僚に対しても日頃の感謝の気持ち込めて義理チョコを贈ったり、友人や知人にも感謝の気持ちとともに友チョコを贈ったり、また自分へのもご褒美として、いつもよりリッチなチョコを自分に贈るという方も増えているそうです♪

みんながそれぞれに楽しみを見出しているような幅広く自由なバレンタインデー、私個人としてとても良いと思っております♪

 

元来甘いものが好きな私としては、奥さんから頂けるであろうチョコに、今年はこっそりリクエストを伝えてみようと思っております笑!

以前に奥さんから聞いた、日本で初めて生チョコを作ったという平塚のシルスマリアの生チョコを食べてみたい!明日の当日に頂けたら最高だなぁ♪

 

皆さんもどうか素敵なバレンタインデーをお過ごしください(^_-)-☆

 

 

バレンタインデーについて!

1 2